【プロ向けドローン】SONYが開発した撮影用ドローン「Airpeak」

f:id:daijin-yasukawa:20210116114600j:plain



こんにちは。

 

安川大仁(だいじん)です。

 

数年前に急遽登場し、またたく間に一般の人も購入することができるようになったドローン。

 

Amazonなどで気軽に購入できるほど安価になりましたが、日本の有名な会社が作っているものはまだあまり見かけません。

 

世界のドローンシェアランキングでも、中国、アメリカ、フランスがほとんど席巻している状態です。

 

そんな中、日本でほとんど誰でも知っている、あの大手メーカーであるSONYが本格的なドローン開発に乗り出しました。

 

今日は、そのSONYが開発したプロ仕様の本格ドローンを紹介します。

 

 

 

 

フルサイズミラーレス一眼カメラ搭載の撮影用ドローン「Airpeak」

www.sony.co.jp



上記リンク先で紹介されているのが、SONYが開発した「Airpeak(エアーピーク)」という機体です。

 

この「Airpeak」の最大の特徴は、「フルサイズのミラーレス一眼カメラを搭載できる」という点です。

 

数あるドローンの多くが、カメラ一体型のものばかりです。

f:id:daijin-yasukawa:20210119085101j:plain

上の画像のようなタイプですね。

 

その理由は、そもそもドローン自体の揚力はそこまで強くないものが多く、重い一眼レフカメラを搭載することが困難なためです。

 

一方、この「Airpeak」は、SONY独自でモーターやプロペラ部分を製作しており、強い揚力を実現しています。

ちなみに、この「Airpeak」に搭載できるのは、SONY製の「αシリーズ」カメラです。

 

上記リンク先の公式サイトで見られる映像では、SONYの「デジタル一眼カメラ α7 III」を搭載しながら飛行している様が撮影されていますが、このカメラ部分は諸々のモジュールを含めて2kgもあるとのこと。

 

それだけの重量を、自動車ときれいに並走する様は中々圧巻です。

かなりの空中姿勢制御能力がありそうです。

 

 

コントローラー操作だけでなく、完全自立飛行化も?

かなりの飛行能力を持つ「Airpeak」ですが、現状操作はコントローラーでの操作のみです。

 

ですが、将来的には完全自立飛行も視野に入れて開発しているのだとか。

 

ドローンのコントローラー操作は、実はかなりの習熟を必要とするのが現状です。

 

完全自立飛行が実現すれば、一般の方でも、簡単な指示をドローン側に送ることで、上空の美しい景色を撮影することができるでしょう。

 

今後はSONYがロボティクスを牽引する?

この「Airpeak」と同時に、SONYは「VISION-S」という自動運転車も発表しています。

www.sony.co.jp

ドローンと自動運転車。

分野は違えど、この両者に共通するのは「AIロボティクス」の技術です。

 

SONYはこの「AIロボティクス」の技術開発にかなり力を入れており、他にもこうした技術を使った未発表の製品がいくつかあるとのことです。

 

スマートフォンなどのテクノロジーにおいて、海外から一歩遅れている日本ですが、こうして日本を代表する企業から新しいテクノロジーの製品が次々と発表されることは嬉しい限りです。

 

今後SONYがこうした「AIテクノロジー」において世界で台頭してくる日も近いかもしれませんね。

 

そんなSONYの「AIテクノロジー」の第一歩と言える「Airpeak」。

是非、機体が広大な大地を滑空する様を見てみてください。

 

www.youtube.com

【便利ツール紹介】キーボードにもタッチパッドにもなる「Prestigio Click&Touch」

f:id:daijin-yasukawa:20210108015351j:plain

こんにちは。

 

安川大仁(だいじん)です。

 

スマートフォンの登場により、画面をタッチ操作するタッチパネルが当たり前になりましたね。

パソコンでも、今新しく発売されているモデルはほとんどがタッチパネルが搭載されています。

 

その背景には、「パソコンやスマートフォンをできるだけ直感的に使いたい」という需要があるからなのではないでしょうか。

 

とはいっても、タッチパネルだと、細かい文字入力などはまだしづらいものです。

まだ文字入力に特化されたデバイスであるキーボードは廃れる気配がありません。

 

では、このタッチパネルとキーボード、どちらも兼ね備えたものがあれば便利では?

 

ちょうど、要望に応える製品を発見しましたのでご紹介します。

 

 

www.makuake.com

 

 

本日紹介するのは、タッチパッドとキーボードを瞬時に切り替えられる「Prestigio Click&Touch(プレスティージオ クリック アンド タッチ」という製品です。

 

この製品、一見すると何の変哲もない、BlueTooth接続のキーボードですが、その表面の84%がタッチパッドになっています。

 

タッチパッド部分をなぞればタッチパッドモードになり、キーボードを打つとキーボードモードに切り替わるという優れものです。

 

また、Bluetoothで3台、USB Type-C 1台、USBレシーバー1台の最大5台まで同時接続が可能です。

 

この機能により、たとえばパソコンに「Prestigio Click&Touch」を接続して操作しつつ、スマートフォンのLINE返信なども同じツールで切り替えて行う、ということが可能となります。

 

機器の切り替えも、キーボード上部の「F1キー~F5キー」を押すだけで切り替えられるのでかなりお手軽です。

 

この製品の何より画期的なのは、省スペースになるということです。

 

従来のタッチパネル付きのキーボードだと、タッチパネルの部分だけサイズが大きく、スペースを必要としていました。

 

この「Prestigio Click&Touch」だと、キーボード部分がタッチパッドになっているので、サイズも比較的小さいたため、机などのスペースを占有しません。

 

持ち運びにも向いているため、出張先などでも使用できそうですね。

 

この「Prestigio Click&Touch」、上記リンク先にもあるように、現在Makuakeでキャンペーン中です。

価格は、19,800円と少々割高ですが、仕事効率化をしたいという方には良い投資になるのではないでしょうか。

 

このような便利ツールが増えると、様々な活用方法を考えるのがわくわくしますね。

 

今後は、こうした便利ツールの僕個人の使い方などもご紹介できれば、と思います。

 

以上、御覧いただきありがとうございました。

【神アプリ】迷惑電話を未然に防ぐ「Whoscall」

f:id:daijin-yasukawa:20210106081907j:plain

こんにちは。

 

安川大仁(だいじん)です。

 

みなさんは、迷惑電話がかかってきたことはありますか?

 

登録のない見知らぬ電話番号からの電話。

無視しようかと思いながらも、もし大事な電話だったらどうしよう。

 

そんな想いで電話に出てみると、案の定、迷惑電話だった。

 

こういった経験があるのは僕だけではないでしょう。

 

その経験をした後に思うのは、「迷惑電話だと最初から教えてくれればいいのに」ということです。

 

それが、とあるアプリで可能になったのをご存知ですか?

 

今日は、そんな便利なアプリを紹介します。

 

 

 

 

「誰から電話が来ているのか」が分かる電話アプリ

whoscall.com

 

今日紹介するのは「Whoscall(フーズコール)」というアプリです。

このアプリの特徴は、「未登録の着信が誰からの電話か分かる」ということです。

 

一見すごい機能ですが、仕組みは至ってシンプルです。

ビッグデータをもとに蓄積された約10億ものデータベースと照合し、着信のあった電話番号がどこからの電話番号なのかを判定しているのだそうです。

 

僕自身、使用してみたのですが、早速使用した当日から、見知らぬ電話番号からの電話がかかってきました。

 

普段なら出ようか迷うシーンですが、連絡先には「配達さん」の文字が。

Amazonで購入した商品の到着日が今日だったのを思い出したので着信に出ると、たしかにAmazonの配達員の方でした。

 

f:id:daijin-yasukawa:20210106074506j:plain

 

 

事前に電話番号が分かるだけでなく、AI技術で不審な番号を検出し、詐欺電話を予測する機能も搭載されています。

 

これで、迷惑電話に出る可能性は限りなく低くなるでしょう。

 

 

Google元CEOや台湾IT担当大臣などの著名人がおすすめ

「Whoscall」の簡単な概要をご説明していきましたが、このアプリの利便性は様々な著名人から支持されています。

 

Google元CEOのエリック・シュミット氏や、迅速なコロナ対応で有名になった、台湾のIT担当大臣であるオードリー・タン氏から推薦を受けています。

更には、世界的に有名な経済誌「Forbes」でも「革新の模範」と紹介されるなど、今世界中でトップレベルで評価されるアプリとなっています。

 

 

気になる利用料金は?

ここまで紹介して、かなり便利なアプリであることがおわかりになったかと思いますが、気になるのはその料金です。

 

利用する際には、無料版と有料のプレミアム版が存在しています。

僕は個人的には、有料のプレミアム版の利用を強くおすすめします。

 

無料プランでは、手動でブロックリストを作成し迷惑電話を撃退する「ブロック」機能と、データベースで公開済みの電話番号を検索できる「電話番号検索」機能のみが利用できます。

有料のプレミアム版は、月額200円(年額プランなら1,800円)かかりますが、未登録の電話番号をデータベースより識別する「番号識別」機能や、AI技術で不審な番号を検出し詐欺電話を予測する「迷惑電話を一括ブロック」機能を利用することができるため、この料金であればかなりコスパが高いと思います。

 

プラン 無料 有料(月額200円)
手動でのブロックリスト作成機能
電話番号検索機能
番号識別機能(自動番号検索)  
迷惑電話一括ブロック機能  

 

今なら、iOSAndroid共に「プレミアム版1ヶ月無料キャンペーン」が実施されているため、まず試しに使ってみるのはいかがでしょう。

 
Whoscall iOS版ダウンロード

Whoscall Android版ダウンロード

 

「Whoscall」の紹介は以上です。

 

今後も、便利なアプリなどの情報を随時紹介していきますので、是非ご覧になってください。

 

【ななや】抹茶マニアにおすすめしたい選べる抹茶で楽しむ味覚

 

こんにちは。

安川大仁です。

 

最近購入したダウンがとても優秀で暖かく、

出かける時に欠かせないアイテムになっています。

 寒い日が続いていますが、防寒対策を完璧にして

毎日過ごしています。

 

 

そんな中、先日は、抹茶のジェラートを食べに行ってきました。

 

 

静岡抹茶を扱う『ななや』

というお店です。

f:id:daijin-yasukawa:20201208010433j:plain

ずっと気になっていたお店だったので

来ることができて良かったです。

 

 

静岡抹茶スイーツファクトリーななや〜抹茶アイス、チョコレート、 紅ふうき、 緑茶、抹茶

 

ななやは世界で一番濃い抹茶ジェラートで有名です。

静岡の抹茶を使っており、抹茶の濃さだけでバリエーションが7種類もあります。

抹茶好きにはたまらないですね。

 

その他にも、ほうじ茶、玄米茶等のお茶ジェラートや季節ならではのジェラート

豊富なラインナップでした。

 

f:id:daijin-yasukawa:20201208010442j:plain

 

 

どうせならと一番濃い抹茶をチョイスし食べてみましたが、

とても濃厚で抹茶が本当に濃い!

 

しっかり濃いのに、口当たりは滑らかでとても美味しかったです。

抹茶好きで、まだ行かれたことがない方は是非行かれることをおすすめします。

f:id:daijin-yasukawa:20201119191012j:plain

 

 お店の雰囲気も和テイストで、

ジェラート以外にもお土産に丁度いいチョコレートや

抹茶の焼き菓子等もありました。

 

身近にある抹茶のデザートも手軽で美味しいですが、

たまには本格的で濃厚な抹茶に出会いに行くのもおすすめです。

 

 

 

【必見】スマートフォンを落としがちな人に選んでほしいスマホケース

f:id:daijin-yasukawa:20201228151015j:plain

 

こんにちは。

 

安川大仁(だいじん)です。

 

数ヶ月前ですが、スマートフォンを落として破損させてしまいました。

何度体験しても落ち込みますね。

 

仕事でも良くスマートフォンを使うので、中々辛いところです。

契約しているキャリアに連絡を取り、早急に対応いただいたおかげで代機を一時的に利用できたので事なきを得ました。

 

こういったことは多くの方が体験されているのではないでしょうか?

 

今日は、僕自身の体験を踏まえた上で、スマートフォンを落としがちな人が、新しい端末を購入した際にしていただきたいことをご紹介します。

 

 

スマートフォンケースは「ソフトケース」を選ぶべし

結論からお話すると、スマートフォンには「スマホケース」を装着するのをおすすめします。

「そんなこと誰でもわかってるよ」という方も多いと思います。

僕が今日お話したいのは、ケースの素材選びの重要性です。

 

それでは、どんな素材を選べばいいのか?

それは、「TPU」という柔らかい素材を使った「ソフトケース」タイプです。

 

【ZENIX】 iPhone12 ケース クリア

 

上記のリンク先のようなケースですね。

 

何故このタイプのスマホケースがいいのか?

その理由をご説明します。

 

ソフトケースをおすすめする理由1:素材が柔らかいため衝撃を緩和してくれる

TPU素材のソフトケースは、柔らかく、ゴムのような弾力があるため、スマートフォンを落とした際の衝撃を吸収してくれます。

シリコン素材のように柔らかすぎることもないので、ケースが端末から外れてしまう心配も少ないです。

 

ちなみに、スマホケースの中には、このTPU素材とプラスチック素材を組み合わせたケースなどもあります。

 

[GAURUN ガウラン] iPhone 12 / iPhone 12 Pro (6.1") 用 ケース クリア

 

上記のようなケースですね。

ポリカーボネートという強固なプラスチックを組み合わせることで、頑丈さを強化しています。

こういったハイブリッド素材のケースも強くおすすめします。

 

ソフトケースをおすすめする理由2:スリムでシンプルなデザインのものが多い

僕がソフトケースをおすすめする理由2つ目は、スリムでシンプルなデザインのものが多い、ということです。

ソフトケースは基本的に透明であったり、スマホのデザインにぴったりとはまるサイズ感のものが多いです。

 

そのため、スマートフォン本来のデザインをそこまで損なうことはありません。

また、サイズ感もぴったりであることで持ちにくい、ということもないです。

 

ちなみにですが、このソフトケースタイプを選ぶ際に一点注意があります。

それは、画面側までケースが覆うように出っ張っているものを選んだほうがいい、ということです。

 

f:id:daijin-yasukawa:20210105002733j:plain



上の画像のような形ですね。

 

スマートフォンの一番繊細な部分、それは画面です。

ケースを装着して、全体をカバーしているように見えても、この画面側の出っ張りがなければ、画面側から端末を落とした時に衝撃をもろに受けることになります。

 

上記の理由から、画面側までケースが出っ張っているデザインのものを強くおすすめします。

 

以上が、僕が強くおすすめするスマホケースでした。

スマートフォンは精密機械ですので、やはり大事に使用してあげてください。

【最新のビジネスモデル】サブスクとは何なのか?

f:id:daijin-yasukawa:20201230090919j:plain

こんにちは。

 

安川大仁(だいじん)です。

 

ここ数年の間で、少しずつ新しいビジネスモデルが登場してきました。

 

人々が持っているものを共有する「シェアリングエコノミー」や、基本的なサービスを無料で提供する「フリーミアム」などです。

 

そんな中で、今飛躍的に伸びている企業がこぞって採用しているビジネスモデルがあります。

それは「サブスクリプション方式」です。

おそらく名前は聞いたことがある、という方も多いでしょう。

 

今日は、その「サブスクリプション方式」に関して簡単に解説していきたいと思います。

 

 

サブスクリプション方式とは?

サブスクリプション方式とは、簡単にいうと、「一定期間特定の商品やサービスを利用するための使用料をユーザーが支払うサービス」です。

 

有名なところでいうと、AmazonプライムNetflixなどがわかりやすい例ですね。

 

ほとんどのサービスが、月単位、年単位で料金の支払いが発生し、その額自体が比較的安価なものが多いのが特徴です。

 

これだけ聞くと、既存の定額サービスと何が違うのだろう?と思う方も多いと思います。

システムだけ見ると、サブスクリプション方式と既存の定額モデルは違いは無いように思いますが、実は明確な違いがあるのです。

 

次の章でその違いについて解説します。

 

定額制とは何が違う?

サブスクリプション方式と定額制は一体何が違うのか?

 

それは「顧客満足度を意識しているかどうか」という点です。

既存のサブスクリプション方式のサービスを見てみるとわかりやすいでしょう。

 

たとえばAmazonプライム

最初、Amazonプライムは、配達料無料、というサービスのみでした。

それが、「Prime Videoチャンネル」や「Prime Music」といった、新たなサービスが追加され、顧客満足度を高めていきました。

 

ユーザーが一体どんなサービスを求めているのか?

サブスクリプション方式では、ユーザーの利用データを収集し分析して、ユーザーが求めるサービスの追加や改善を行っていくのです。

 

一方、定額サービスは、ただ定額で料金が発生している、というだけであり、顧客満足度の向上という視点はありません。

 

これが、サブスクリプション方式と定額制の大きな違いです。

 

サブスクリプション方式は、現代人のニーズに沿ったビジネスモデル

今話題の「Netflix」もこのサブスクリプション方式を採用し、飛躍的に業績を伸ばしています。

 

何故ここまで、伸びているのでしょう?

それは、サブスクリプション方式が「顧客に体験を提供する」という点に特化しているからです。

 

昨今、「ミニマリスト」が流行っています。

この定義は「持ち物を極力所有せず、必要最低限のもので暮らす人」のことです。

 

インフラの充実や、通信技術の発達により、自分がものを所有しなくても、様々なサービスを享受できるということに人々が気づいてしまった。

そうなった時に、人が価値を感じるようになったのが「体験」です。

 

思えば、テレビも、「番組やドラマを見るという体験」を味わうために買います。

モノとは、それを使って体験を味わう道具に過ぎません。

 

そういった体験を、モノを買わずとも、比較的安価で味わうことができるサブスクリプション方式は、まさに今の現代人に即したビジネスモデルと言えます。

 

 

アメリカでサブスクション方式のサービスはかなり増えており、日本にもその波が2~3年のうちに来るでしょう。

 

どんなサービスが登場するのか、今からわくわくしますね。

 

初詣で今年の抱負を宣言【自分と向き合う時間】

こんにちは。

安川大仁です。

 

明けましておめでとうございます。

 

2021年になりましたね。

僕は、カウントダウンは仕事仲間と共に過ごし、

新年を迎えることができました。

 

先日は、初詣に行ってきました。

場所は大阪天満宮です。

 

毎年初詣は大阪天満宮に行くのですが、

今年はコロナの影響か例年に比べ、空いていて

参拝はとてもスムーズに進めました。

f:id:daijin-yasukawa:20210104000026j:plain

 

 

僕は、神社に普段から行く習慣があります。

 

仕事の合間の少し空いた時間や

朝の仕事前に

神社にお参りに行きます。

 

やってみて良かったのが、

自分の目標と向き合う時間が取れるので

自分の頭の中の雑念が消え、シンプルになります。

 

頭の中で報告や宣言をしていると、

一番それらを聞いているのは自分なので

目標に立ち返る事ができていいです。

僕がここ数年間、続けている習慣の一つになります。

 

そんな習慣はありながらも、年始めに行く初詣は

一年のスタートなのでやはり特別ですね。

 

今年一年どんな一年にしていくかをしっかり宣言してきました。

自分自身にも宣言です。

 

年始めに掲げた目標を達成するかどうかは、自分次第ですね。

自分の可能性を最大限見て、

目標達成のための今日を生きます!